頭痛

頭痛は大きく分けると

  • 機能性頭痛(一次性頭痛)整体OK
  • 症候性頭痛(二次性頭痛)整体適応外
    の二つに分類されます

機能性頭痛

緊張型頭痛・片頭痛・群発性頭痛。

基礎疾患がなく筋緊張や血管の拡張などが原因。

整体施術の適応になる。

慢性的に起こりやすい。

 

緊張型頭痛

頭痛の7割は緊張型と言わていて、当院の利用者様も緊張型頭痛持ちの方が多いです

 

緊張型頭痛の原因は?

姿勢の悪さ、ストレス、長時間の同じ姿勢、事務やパソコンによる目の酷使などが原因で、首の骨の歪みや筋肉の緊張が起こり、頭部、顔面に行く神経が圧迫され痛みが出ます。

 

症状の特徴

「後頭部を中心に頭全体が締め付けられるような重苦しい痛み」が特徴です。

片頭痛に比べると長く続きます。

 

予防

予防のためにはまず筋肉が凝らないようにすること。

○長時間同じ姿勢が続く場合は時間を決めて休憩をとり、首や肩甲骨のストレッチをする。

○タバコ、偏った食生活など血行を悪くするものを避ける

○ストレス発散の機会を持つ

○筋トレで首、肩、肩甲骨周辺の筋肉を鍛える

 

発症したときのセルフケア

筋緊張が原因なので筋肉をほぐし、血流を良くする必要があります。

具体的には

◯ストレッチ、肩や肩甲骨を動かす体操

◯軽めの運動などで血流を改善する

◯入浴、温湿布などで温める

 

緊張型頭痛の整体施術は?

緊張型頭痛への整体はとても有効です。

まず、固くなった筋肉をほぐし、神経圧迫の原因となっている頚椎(首の骨)を矯正します。

そもそもなぜ首の骨の歪みや筋肉の緊張が起こるかというと、不良姿勢や全身のバランスの崩れが原因です。

当院では姿勢矯正や全身のバランス調整で、できるだけ根本から解決出来るような施術を行っています。

 

片頭痛

頭痛の25%は片頭痛と言われています。

 

原因は?

脳血管の拡張によって周囲の組織を圧迫し痛みが起こります。

拡張する前にストレスや緊張で一旦血管が収縮し、その反動で拡張が起きます。

 

症状の特徴

血管性の頭痛なので、ズキンズキンと心臓の拍動に合わせて脈打つように痛みます。

前兆として、目がチカチカする「閃輝暗点」という現象が片頭痛前の血管収縮のとき起こる事が有ります。

 

予防

血管が拡張する前の急激な収縮を起こさないようにする事がポイント。

  • 騒音や明るい照明などの刺激を避ける。
  • 食生活の見直し(特にマグネシウムが重要、「にがり」がお勧め)
  • 不規則な生活、寝不足は自律神経のバランスを乱し血管収縮、拡張のリズムを乱す。

 

発症した時の対処法

発症中は拡張した血管を収縮させるのがポイント

  • 患部を冷やす
  • 安静にする。動くと血行が良くなってしまいます。
  • カフェインを摂る。また、お勧めはしないがタバコも有効。血管を収縮させる作用あり。

 

片頭痛への整体施術は?

頚椎(首の骨)の中を椎骨動脈という太い動脈が通っているため、頚椎の歪みは血流に影響します。

また、首肩のコリも脳への血流を不安定にしますので、頚椎の矯正と一緒に行います。

血管拡張で偏頭痛が起きる前に一旦血管が収縮するのを抑えることが予防の基本です。

そのため自律神経の調整も行います。

(血管の拡張・収縮は自律神経がコントロールしている)

 

群発性頭痛

数は少ないですが片頭痛と同じく血管拡張が原因で起こるとされています。

当院での対処法は片頭痛に準じます。

 

症候性頭痛

頭部外傷や基礎疾患(脳出血・腫瘍・感染症)による頭痛です。

当然の如く整体適応外になります。

 

  

整骨院 ホームページ制作